カラまね

使い慣れたアプリを、
ちょっとだけカラマネフレンドリーに。

レビュアー/エバンジェリスト向けプログラムを開始

これまでカラまねの開発協力者を対象に、開発版の使用キーを発行・貸与するプログラムを実施していましたが、新たにカラまねに関する紹介記事・レビュー記事などを各種メディアにて公開・頒布される方を対象にしたプログラムを開始しました。

詳細は以下の記事を参照してください。

→過去のお知らせ

カラーマネジメント表示をプラス。
好きなとき、好きなところに。

カラまねはウインドウのイメージを取り込み、あなたのお好みのICCプロファイルを割り当て、そしてモニタのカラースペースに変換した上で「のぞき窓」へと出力します。Adobe Photoshopやthe GIMPなどカラーマネジメント対応アプリケーションが備えている基本的なカラーマネジメント表示を、必要なとき、必要な場所へ適用することができるのです。

「もしこのウインドウの表示内容がsRGBだったら、どんな色に見えるだろう?Adobe RGBだったら?あのパソコンの液晶で見たらどうなるかな?」……そんな疑問がわいてきたら、カラまねの出番です。

Photoshopでもおなじみ、「色の校正」機能。

Adobe Photoshopでは「色の校正」として知られるソフトプルーフ表示に対応。CMYKシミュレーションはもちろん、インクジェットプリンタや他のPCのモニタなど、自由にターゲットプロファイルを指定してシミュレートさせることが可能です。

Adobeのパワーを手に入れよう。

Adobeが無償配布しているAdobe CMM。これを使用することでAdobe製品と同等のカラースペース変換が可能になります。カラまねはAdobe CMMに対応していますので、Adobe製品でないと不安という方、黒点の補正やディザ処理などAdobe CMMの拡張機能をお望みの方にもお使いいただけます。

例えばこんなときにお使いください。

—高色域モニタでsRGBコンテンツを扱うとき。

—Photoshopなど、カラーマネジメント対応アプリケーションと、SAI、FireAlpacaなどカラーマネジメント非対応アプリケーションを併用するとき。Photoshop上で画像に割り当てるプロファイルをソースプロファイルにして、カラまねでSAIの表示をプレビューすればPhotoshop上と同様にカラーを確認しつつ作業を進めることができます。

—カラーマネジメント表示が適用されないツール・パレットを使用するとき。カラーマネジメント対応であっても、色選択のUIがカラーマネジメントに対応していないアプリケーションは意外とあるものです。カラまねを使用すれば選択色と描画色の不一致を回避することが可能です。

—デュアルモニタ構成で一方のモニタの出力をもう一方に近づけて確認したいとき。カラまねを通して相手側モニタのシミュレーションをかけることで、両者の差異の軽減が期待できます(測色器を使って作成したモニタプロファイルが必要です)。